2007年12月15日

美白

女性が憧れる美白。
美白へと導く方法の一つにフェオメラニンが関係しています。
肌の色もユーメラニンとフェオメラニンの量によって決まります。
ですから、ユーメラニンを抑制し、フェオメラニンの合成を促進するという方法があります。
posted by フェオメラニン at 00:00| Comment(24) | TrackBack(0) | フェオメラニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

形成過程

フェオメラニンの形成過程は、チロシキンからドーパキノンと中間まではユーメラニンと同じなのだそうです。
そこで枝分かれして最終的に高分子のフェオメラニンになるといわれているそうです。
フェオメラニンは、たんぱく質と複合体を作っている色素です。
posted by フェオメラニン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フェオメラニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

肌の老化

金髪はユーメラニンが少なく、フェオメラニンがほとんどです。
そのため、紫外線による肌のダメージが多いのだそうです。
日本人の肌と肌と比べると10歳から20歳くらいの差があるそうです。
白人に憧れる日本人は多いと思いますが、それを考えるとやっぱり日本人がいいですね。
posted by フェオメラニン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

赤毛

赤毛の人は皮膚がんを発症することが多いのだそうです。
それは、赤のフェオメラニンが発がんに関係しているのではと考えられています。
ユーメラニンは紫外線によって発生する活性酸素を消去します。
ところが、フェオメラニンは紫外線を浴びると酸素消費が進み、逆に活性酸素を作り出してしまうのだそうです。
そのため、赤毛の人は皮膚がんの発生が多いと考えられています。
posted by フェオメラニン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フェオメラニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

白髪

日本人の場合、白髪のなりはじめって、白ではないと思いませんか?
オレンジがかっているのではないでしょうか?
それは、ユーメラニンの生産が止まってしまっても、フェオメラニンノ生産はしばらくの間続いているためです。
posted by フェオメラニン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 白髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

金髪

金髪はなぜ金髪なのか・・・
それはユーメラニンとフェオメラニンのりょうによるものです。
日本人の黒髪はユーメラニンが大量に含まれ、フェオメラニンは少量です。
そのため、量が多いユーメラニンの色素が強くなり黒髪になるのです。
一方、金髪はユーメラニンはほとんど存在しません。フェオメラニンが大量に存在します。
そのため、量が多いフェオメラニン色素が強くなり金髪になるのです。
posted by フェオメラニン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 金髪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

フェオメラニンとは

髪の色を作るメラニンには二種類あります。
ユーメラニンとフェオメラニンです。
ユーメラニンは黒からダークブラウンの色素なのに対し、フェオメラニンは黄色から赤色の色素で赤い髪や赤い羽根などに存在しています。
posted by フェオメラニン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フェオメラニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。