2007年11月05日

赤毛

赤毛の人は皮膚がんを発症することが多いのだそうです。
それは、赤のフェオメラニンが発がんに関係しているのではと考えられています。
ユーメラニンは紫外線によって発生する活性酸素を消去します。
ところが、フェオメラニンは紫外線を浴びると酸素消費が進み、逆に活性酸素を作り出してしまうのだそうです。
そのため、赤毛の人は皮膚がんの発生が多いと考えられています。
posted by フェオメラニン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フェオメラニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。